INTRODUCTION

1992年にAICが企画・制作、当時パイオニアLDCより発売されたオリジナルビデオアニメーションシリーズ。
正史と言われるOVA「天地無用!魎皇鬼」第伍期シリーズ。
前作第四期同様AICが制作、原作者である梶島正樹が総監督を担当して、新シリーズが展開スタート。

柾木神社の跡取りである柾木天地は、ごく普通のどこにでもいる青年。
その天地に待望の弟が誕生。その名を「柾木剣士」。
異世界にひとり赴くことを宿命づけられた少年だが、そんな運命もものともせず、周囲の人々に見守られながら、すこやかに育っていった。
だが、それは天地と剣士、そして柾木家だけでなく、地球に住む正木一族と、樹雷そして宇宙に関わる者たちすべてをも巻き込む壮大な序章に過ぎなかった。

第1話「義母と義姉と遺産と…」

 柾木家に生を受けた新たな命「柾木剣士」。
その宿命づけられた生に剣士の母玲亜と天地にとって嬉しい反面、不安を募らせている日々も続いていた。
健やかに眠る剣士の傍らで、夜が明けるまで語りあい、母清音の人となりを天女と玲亜は親子の絆を確かめるのであった。
そしていつもの「柾木家の一日」が今日も始まる。
幼い剣士は大人たちが憂う悩みなど抱えることなく、日々たくましく成長してゆくのだった。
そして山田家サイドでも、これからの事に関する大人の話が繰り広げられようとしていた…。